平成28年度 医療法人社団光仁会木島病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
※個人情報保護のため、患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)で表記しています。
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 - 317 125 117 158 150 183 158 139 29
平成28年度に一般病棟を退院した患者を対象としています。
年齢は、一般病棟に入院した時点のものを使用しています。
スポーツ障害等により10代の患者が多いのも特徴です。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
現在、DPC準備病院であり、DPCによる請求を行っておりません。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 0 0 0 0 0 0 0 0
大腸癌 0 0 0 0 0 0 0 0
乳癌 0 0 0 0 0 0 0 0
肺癌 0 0 0 0 0 0 0 0
肝癌 0 0 0 0 0 0 0 0
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
上記の5大癌の初発または再発の患者さんを対象とします。
当院では、該当の患者さんはいませんでした。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 0 0 0
中等症 - 10.11 80.55
重症 0 0 0
超重症 0 0 0
不明 0 0 0
※個人情報保護のため、患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)で表記しています。
脳梗塞のICD10別患者数等ファイルをダウンロード
ICD10 傷病名 発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
G45$ 一過性脳虚血発作及び関連症候群 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
G46$ 脳血管疾患における脳の血管(性)症候群 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I63$ 脳梗塞 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I65$ 脳実質外動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I66$ 脳動脈の閉塞及び狭窄,脳梗塞に至らなかったもの 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I675 もやもや病<ウイリス動脈輪閉塞症> 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
I679 脳血管疾患,詳細不明 3日以内 0 0 0 0
その他 0 0 0 0
他院よりリハビリ目的で転院してこられる脳血管疾患の症例はありますが、
一般病棟で受け入れるケースはほとんどありません。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K068-2 関節鏡下半月板切除術 161 0.01 2.48 0.00 47.88
K079-21 関節鏡下靭帯断裂形成手術(十字靭帯) 139 0.40 9.19 0.00 24.24
K082-1 人工関節置換術(肩・股・膝) 113 1.36 36.00 0.00 71.85
K134-2 椎間板摘出術(後方摘出術) 70 1.76 12.74 0.01 57.83
K080-1 関節形成手術(膝) 61 0.23 14.43 0.00 25.79
当院では、外傷、骨折の手術のほか、手、脊椎脊髄、四肢関節などの疾患に対し専門医による手術を行っております。
特に、膝関節においては、前十字靭帯断裂後の形成手術・膝半月板切除・縫合手術の患者が多くなっています。
藤田整形外科クリニックの患者さんで、クリニックの藤田拓也院長が手術を行う椎間板摘出術の症例が年間を通じてあります。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K743-4 痔核手術(根治手術) 41 0.00 7.29 0.00 45.44
K746-2 痔瘻根治手術(複雑) 31 0.00 7.42 0.00 40.90
K752-2 肛門形成手術(直腸粘膜脱形成手術) - 0.00 6.71 0.00 57.29
K742-1 直腸脱手術(経会陰) - 1.00 7.40 0.00 73.00
K752-1 肛門形成手術(肛門狭窄形成手術) - 0.00 4.00 0.00 70.00
※個人情報保護のため、患者数が10未満の場合は、-(ハイフン)で表記しています。
はっとり大腸肛門クリニックの患者さんで、クリニックの服部院長が手術を行う外科症例が年間を通じてあります。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる - -
180010 敗血症 同一 - -
異なる - -
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 10 0.7%
異なる - -
手術・処置等の合併症は患者さんの要因等を含めてゼロにはできず、10例の患者さんに認められています。
術創部からの出血、術後の感染などが主な合併症です。
更新履歴
2017年9月21日
現在作成中